Selected Art Fair 2018 『蒐集衆商』に出品します。 http://www.spiral.co.jp/takeart/index.html
<前期> 2018年10月20日(土)~22日(月)11:00~20:00 3日間・2018年10月25日(木)~28日(日)11:00~20:00 4日間

スパイラルガーデン(スパイラル1F) 東京都港区南青山5-6-23

主催:株式会社ワコールアートセンター、企画制作:スパイラル

入場無料

A-Lab Exhibition Vol.15 尼崎城プロジェクト関連企画

「時代とあそぶ たびする つくる」山本太郎展

会 期:平成30年10月6日(土)から平成30年11月25日(日)

会 場:あまらぶアートラボ「A-Lab」(えーらぼ) 尼崎市西長洲町2-33-1
時 間:(平日)11時~19時 (土・日・祝)10時~18時  ※火曜日休館
入場料:無料
出展者:山本太郎
問合せ:尼崎市シティプロモーション事業担当(土日除く8時45分から17時30分)
    電話 06-6489-6385  FAX 06-6489-6793
主 催:尼崎市 
協 力:秋田ケーブルテレビ、イムラアートギャラリー、芸艸堂、男のきもの えいたろう屋、株式会社せん(あきた舞妓)、株式会社髙島屋、株式会社チューブロック、上小阿仁村、観音宗本山 吾彦山大聖観音寺(あびこ観音)、ベイ・コミュニケーションズ、宮川真一、八木沢番楽保存会、有限会社りす(50音順、敬称略)

趣旨
 この度、あまらぶアートラボ「A-Lab」(えーらぼ)では、尼崎城プロジェクト関連企画として「時代とあそぶ たびする つくる」山本太郎展を開催いたします。山本氏は、これまで、日本画の技法で現代の風俗が融合した絵画、日本画ならぬ「ニッポン画」を提唱し、制作しています。「ニッポン画」制作とともに、ここ数年、教員として赴任していた秋田や出身地熊本、京都等日本各地を移動し、旅をしながら、その地域その地域に根ざしたプロジェクトを展開しています。本展ではそんな山本が、地域や企業と取り組んできたプロジェクトを通じて、その場所や住む人への思い、流れていく時間などとアートがどのように関わり、繋がっているのかを紹介します。
 また、本展は、現在市内で再建が進む尼崎城が、歴史的な建造物を現代的に楽しむ“お城”で、「時代をあそぶ たびする つくる」にも通じることから、尼崎城プロジェクト関連企画としても位置づけています。

 

関連イベント行います!10月8日(月・祝)/ 10月20日(土)

 

○「時代とあそぶ たびする つくる」作品探検ツアー
出展作家の山本太郎氏とマリオとルイージが描かれた作品やバルーンを使った作品などの説明を聞きながら展覧会を回るツアーを実施する。
日時:10月8日(月)14時から15時30分 定員:先着10名
対象:小学校6年生まで(小学校3年生までは保護者同伴)
申込方法:当日13時から会場にて受付
○アーティスト・トーク
編集者・藤本智士さんゲストに迎えて、山本太郎さんと「時代とあそぶ 地域をくすぐる」をテーマにトークを行います。
日時:10月20日(土)15時~16時30分
定員:先着30名 申し込み不要

この展覧会は終了しました。沢山のご来場ありがとうございました。

MUGEN∞能 2018

2018年6月9日(土)に京都観世会館にて行われた「MUGEN∞能」にて狂言師茂山逸平さんの「花子」のための扇を制作して舞台で使用していただきました。題して「夕顔とライン扇」です。

この展覧会は終了しました。沢山のご来場ありがとうございました。

島田美術館開館40周年記念展覧会

おもかげものがたり-山本太郎作品と館蔵品とー

291118日(土)~ 平成 30219日(月)

10001700

火曜休館、年末年始休館1226日~20181月4日

おもかげものがたりフェイスブック 島田美術館HP

お問い合わせ:〒860-0073 熊本県熊本市西区島崎4-5-8 TEL:096-352-4597

本展では、館蔵の古典美術工芸資料とニッポン画家山本太郎(熊本市出身)作品を展示し、現在の熊本に伝わり、そして受け継がれていく熊本の物語としてとらえてみようとするものです。加えて昨春の熊本地震による災害で老舗をたたむこととなった商家(森本襖表具材料店)より譲り受けた屏風に、県民の皆様から公募で集めたモチーフを山本氏が描いた屏風も初公開します。そこでは一昔前の紙や布、板や枠木、木釘などの表具材料類もまた独自の物語を語ってくれるはず。物言わぬものたちが宿すおもかげに心を寄せることで、刻々と生まれ変容していく多層多様の物語もまた受け継がれていくことを願うばかりです。

 

展示内容

   宮本武蔵とくまもと

   山本太郎作品と館蔵品で紡がれるものがたり

   山本太郎新作「熊本ものがたりの屏風」シリーズ

震災を受けた森本襖表具材料店から引き継いだ屏風を元に制作、屏風に描かれるモチーフは熊本の皆さんより公募したもの   

 

関連イベント

   熊本初公開特別展示:スターウォーズ・風神レイ 雷神カイロ・レン図屏風 

20171118日~12月10日 *都合により公開期間が変更になることもございます。

日本文化に強く影響を受けて制作された映画「スターウォーズ」シリーズも「時代を超えて引き継いでいく」という壮大なものがたり。その新時代のエピソードを記念して山本太郎によって描かれた「風神レイ 雷神カイロ・レン図屏風」も展示予定。

   アーティストトーク 20171118() 1300

要予約・要入館料

   屏風修復体験 20171119() 1300

体験料:500円・要予約

山本太郎氏の指導のもと、屏風裏の修復を行います。作業しやすい服装でご参加ください。

   節句を楽しむ 人日(七草) 201816() 1100

山本太郎氏を囲んで七草粥をいただきながらのテーブルトーク。

    参加料:税込み1500円(展覧会チケットと七草粥の代金)

   熊本城下の旧商家ファサード復原(旧森本襖表具材料店)

※日程が決まり次第別途ホームページにてお知らせします。 

 

主催 公益財団法人島田美術館

共催 熊本日日新聞社

後援 熊本県・熊本市・熊本県文化協会・崇城大学芸術学部・京都造形芸術大学・秋田公立美術大学・NHK熊本放送局・RKK熊本放送・KKT熊本県民テレビ・KAB熊本朝日放送・TKUテレビ熊本

 

関連記事

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/kumamoto_earthqueake/article/338143/

この展覧会は終了しました。沢山のご来場ありがとうございました。

#アケオメリクリ

山本太郎の紅白の部屋

会期|2017年12月16日(土)~2018年1月8日(月・祝)9:00~18:00
※休館日12月29日~1月3日
会場|秋田公立美術大学ギャラリー BIYONG POINT
秋田市八橋南一丁目1-3秋田ケーブルテレビ(CAN)内
主催|秋田公立美術大学
協力|株式会社秋田ケーブルテレビ(CNA)、株式会社中川ケミカル、株式会社せん、亀の町ストア、秋田酒造株式会社
企画・構成|山本太郎、菊地暁子

オープニングクリパ|2017年12月16日(土)17:30~(18:00カンパイ予定)
会場|BIYONG POINT 山本太郎の紅白の部屋周辺
参加費|軽食、飲み物(ソフトドリンク・アルコール)付き一般1,000円、学生500円
※クリスマスコスorサンタコスの方は500円引き!

山本太郎インスタ始めたってよ
https://www.instagram.com/taro.yamamoto.969/

クリスマスとお正月が続くハレの時期、それを象徴する「赤」と「白」。

クリスマスカラーとして定着したこの色、実はコカコーラ社が1930年代から行ったイメージカラー戦略で定着したという説があります。
一方、日本では「生から死まで」や「姿を変える太陽」の象徴として、祝祭性を持ったおめでたい組み合わせとして使われてきました。
年末年始にかけて、伝統的価値観と近代商業主義イメージがクロスする現代の日本社会を表現・・・・・・・・・
というようなギャラリーにありがちな難しい理屈は抜きにして、ホワイトキューブのBIYONG POINTを“インスタ映え“する空間にしてしまったニッポン画家・山本太郎の展示です!
みなさん会場でバンバン写真を撮って、「#アケオメリクリ」のタグをつけてSNSにアップしてください!

そしてそして!!!展覧会オープンとなります12月16日(土)17:30より、最初で最後!?なんとも出オチ感ハンパない「オープニングクリパ」を開催いたします☆
こちらただのギャラリートークではございません・・・「#アケオメリクリ」にちなんだ豪華企画をご準備しております・・・!

その1!イベント来場者全員もらえる!オリジナルポストカードプレゼント!
その2!「アレ」が当たる!抽選会×3!!!???
その3!山本太郎×あきた舞妓!スペシャルコラボ日舞披露!

一夜限りの超スペシャルイベント、ぜひぜひご参加ください!